狙い目中古車

中古車レヴォーグがなぜ「今」安い?5年落ちが狙い目な理由

 

レヴォーグが「今」中古車で150万円で購入出来ることは知っていますか?

新車価格350万円前後のレヴォーグですが、「今」5年落ちの中古車が狙い目で、予算150万円ほどで購入することが出来ます。

レヴォーグが安い理由は、長期間フルモデルチェンジが無い事や万人向けではない点にあると考えられます。

こちらでは安い理由は勿論、5年落ちが狙い目な理由や中古車で抑えるべきポイントについて、元レンタカー屋の私が詳しくお話していきたいと思います。

 

ココで分かること
  1. レヴォーグが安い理由
  2. 5年落ちが狙い目である事
  3. 中古車で抑えるべきポイント

レヴォーグが「今」安い理由

 

気になる君
気になる君

ハイパワー+安全装備のレヴォーグが150万なんて嘘ですよね?

元レンタカー屋
元レンタカー屋

嘘のようなホントの話です。安い理由は「フルモデルチェンジ」にありますよ!

長期間フルモデルチェンジがない

 

2014年6月から販売を開始されたスバル・レヴォーグですが、2020年に至るまでフルモデルチェンジという大きな改良が行われていません。

フルモデルチェンジが無い車は、その長い期間大きな変更が行われていないことになります。

その為、古い物と新しい物の差が少なくなり年式が古いほど安くなる中古車としては「新しい物とあまり変わらないのに安く購入出来る」というお得な状況が生まれます。

 

同じく長期間フルモデルチェンジされていない車としてトヨタ・エスティマをご紹介した事がありますが、そちらも同様に年式の古い車がお買い得でした。

【エスティマ】なぜ中古車が安い?古さを感じさせない現行デザインどうも、元レンタカー屋です! 現行【エスティマ】は2006年から現在まで大きな変更(モデルチェンジ)を行っていない珍しい人気車です...

 

 

ゆったりする人には不向き

 

レヴォーグはスポーティな車として販売されているので、全体的に乗り心地は固いです。

ふわっとした高級車のような乗り心地ではなく、シートも安定したホールドはありますが、本革シートのような上質さはありません。

良くも悪くもスポーティな車であるということですので、車は移動する為だけの足と考えている人にはあまりおすすめ出来ません。

スポーツカーほどではないので、普通の車しか乗っていないとあまり差は感じられないかもしれませんが、心配な方は素直にミニバンでも買った方がいいと思います。

 

bodytype
コスパ抜群の狙い目ミニバン!元レンタカー屋が不人気中古車も厳選。どうも、元レンタカー屋です! 2019年におすすめしたい【今、狙い目なおすすめミニバン】をご紹介していきますね! 他にも燃費...

 

しかし、「直線で気持ちよく加速がしたい」「ドライブが好きだ」という人には間違いなくおすすめ出来ます。

レヴォーグはスポーツカーと言えるほどのハイパワーは勿論、安全装備のアイサイトも搭載されています。

荷物も人も乗せれるステーションワゴン型で、「ファミリーカーでもミニバンには乗りたくない!」という人は購入の価値ありです。

 

今の「レヴォーグ」の価格を調べる

グーネット
 ※検索条件設定済み

 

 

5年落ちが狙い目な理由

 

気になる君
気になる君

なんで「5年落ち」が狙い目なの?

元レンタカー屋
元レンタカー屋

分かりやすいのは形が変わっていない初期型が一番安いからだね。

変わらない外観の初期型が安い

 

フルモデルチェンジが行われていないので、古い型でも安い中古車だとは誰も気づきません。

レヴォーグ好きには初期型だと分かってしまうかもしれませんが、初期型を乗る愛好家に見えるでしょう。

レヴォーグの外観は私個人の好みを抜きにしてもかなりかっこいいと思います。

他の人に古い車に見られないのが隠れたメリットです。

 

大きな違いは安全装備

 

初期型以降の大きな変更点は、2015年4月以降のモデルは「アドバンスドセイフティパッケージ」という安全装備が全車に設定されているのが大きな変更点です。

走行時の後側方検知や後退時の左右後方検知を行う「スバルリヤビークルディテクション」ドライバーからの死角となる左前方の映像をディスプレイに表示する「サイドビューモニター」といった装備が全グレードに標準装備されています。

それ以前のモデル、初期型などはアイサイトが標準装備されていないので、グレード名にアイサイトが付いていなければ標準装備されていません。

 

勿論、それ以外にも細かい変更点はありますが、個人的には50万円以上安い初期型を購入出来るメリットには遠く及びません。

評判の高い安全装備アイサイトを付けると予算が150万円だとギリギリですが、在庫がないわけではないので是非粘ってほしいです。

より安く購入する為に私がおすすめしている中古車購入方法を紹介していますので、よければ購入時の参考にしてください。

 

2つのポイントで劇的に安くなる!元レンタカー屋の中古車購入どうも、元レンタカー屋です! こちらでは実際に私が行った、元レンタカー屋の中古車購入方法をご紹介します。 私が重視する点は、...

 

抑えておきたい注意点

 

 

実はスバル・レヴォーグは2020年にフルモデルチェンジの噂があります。

噂と言っても、2019年東京モーターショーにてプロトタイプが発表されているので、発売は近いでしょう。

 

外観は好みによるものなので賛否両論があると思いますが、個人的には特別2代目がかっこいいとは感じませんでした。

発売後の新型レヴォーグの評価次第で、中古車市場も動くので今の安定価格で買うのは発売までの「今」がチャンスですね。

2代目の評価が悪いと初代の価格が高騰してしまいますので…。

 

今の「レヴォーグ」の価格を調べる

グーネット
 ※検索条件設定済み

 

良くも悪くも変更が少ない車

 

元レンタカー屋
元レンタカー屋

良くも悪くも変更点がないのは考え物だね。

 

変更点が少ない車は新車購入時には、他の車に比べて目新しさは少ないです。

しかし、中古車となれば話は少し変わってきます。

3年落ちより50万円近く安い5年落ちレヴォーグの方が、変更点も少なく予算も安く抑えることが出来ます。

予算を抑えておけばナビやホイールを新しくするといった事も出来るので、私は断然5年落ちをおすすめします。

 

レヴォーグは150万円で購入できるとは思えない1台です。

フルモデルチェンジを行っていない「今」が安いので、是非購入を検討してみてくださいね。

 

2つのポイントで劇的に安くなる!元レンタカー屋の中古車購入どうも、元レンタカー屋です! こちらでは実際に私が行った、元レンタカー屋の中古車購入方法をご紹介します。 私が重視する点は、...

 

今の「レヴォーグ」の価格を調べる

グーネット
 ※検索条件設定済み