狙い目中古車

レクサスHSがダサい?販売終了となった不人気の理由は?

レクサスHSが2018年に販売終了となってしまいました。

一部では「HSはダサい」といった評判が流れていますが、それだけでは販売終了までには繋がりません。

確かにHSはレクサス車の中ではパッとしない外観だったと個人的に思います。

 

しかし、内装は本革で電動パワーシートやクルーズコントロールといった高級車らしい装備は持ち合わせていました。

快適な車という評価で見るなら間違いなくおすすめ出来る1台です。

そんな車が予算100万円で買えるようになっているのが「今」の中古車市場です。

こちらでは元レンタカー屋の私が、販売終了となった不人気の理由や今の中古車市場についてお話していきますね。

 

ココで分かること
  1. 「HS」が不人気となった理由
  2. 予算100万円で買える中古車
  3. 中古車で抑えるべきポイント

「HS」不人気の理由

 

気になる君
気になる君

高級ディーラーで有名なレクサスでも売れない車ってあるの?

元レンタカー屋
元レンタカー屋

「人気が無い外観」の他にも高級ディーラーだからこそ「価格が安い」HSは売れなかったんだ。

ダサい?パっとしない外観

 

不人気の理由の1つとして、レクサスHSの外観は「ダサい」とまで言われるほど外観に人気が無かったようです。

個人的にもパッとしない外観で、特に前期型は姉妹車のトヨタ「SAI」ど何処が違うのかと言いたいくらいです。

 

後期型になるとシュッとしたイメージにはなったが、同メーカー内で販売している「GS」や「IS」と比べると1段違う印象を受けました。

大手中古車情報サイトでも「内装はいいけど外観が…」といった口コミが多く、不人気車となった理由の1つであると考えられます。

 

同じく不人気車となった姉妹車トヨタ「SAI」についてもこちらの記事で紹介していますのでよければご覧ください。

出典:2013_Toyota_SAI_01
トヨタSAIがなぜ不人気車に?高級セダンが中古車でなぜ安い?気になるのが中古で買うときに注意することって何だろう?ということ。 元レンタカー屋目線で見ると、抑えておくべきポイントは「走行距離は8万キロ以下」と「グレード"L"を避ける」ことの2点です。 これを守るだけで、失敗のリスクをグッと抑えることが出来るので、詳しく説明していきますね。...

 

高級ディーラーの安価な車

 

もう一つの不人気な理由として、HSがレクサス車の中でも安価な車であった事にあります。

レクサス「HS」「IS」「GS」とトヨタの人気高級車「クラウンアスリート」の新車化価格を比べてみましょう。

 

HS IS GS クラウンアスリート
395〜570.5万円 420~655.7万円 510〜780.1万円 357~618.3万円

 

上記の価格を見ても分かる通り、ISとの価格差も50万円程しか変わりません。

お金に余裕のある方が多いであろうレクサスディーラーで、50万~100万円の価格差を気にして、外装はともかく内装の劣る方を購入しようと思う方は少ないでしょう

私でしたらよっぽどこだわりがない限り、上質な走りを実現したクラウンアスリートを間違いなく選びます。

 

ちなみにISやGSも中古車で100万円以内で収まるものがあります。

ただし、15年落ちくらいのもので、内装の質は比べるまでもなくHSの方が上です。

外観重視の方はISのスピンドルグリルを変えると今風でかっこいいですよ。

 

 

不人気=狙い目な中古車

 

気になる君
気になる君

新車価格400万円からかー。手が届かないなぁ…。

元レンタカー屋
元レンタカー屋

レクサスブランドも販売終了となればこっちのもんだよ!

 

予算100万円で購入可能?

 

販売終了となったレクサスHSなら、10年落ち程度であれば予算100万円で購入出来ます。

勿論、修復歴無し・走行距離7万~9万キロ程度の物です。

 

100万円で高級車が買える一番のメリットは、新車時に付いている豪華な装備にあります。

全席本革シートは勿論、テレビが見やすいフルセグ、座席調整が楽な電動パワーシート、高速道路での追従に便利なクルーズコントロールといった高級車で当たり前の装備が100万円の中古車で付いてくるのが凄いです。

 

注意点は購入後の維持費

 

1つ注意点として、購入後の維持費があります。

安く購入したけど「維持費が高くて結局手放した…」なんてことになってしまっては悲しいですよね。

実はレクサス車は高級車の中でも維持がしやすい部類に入ります。

 

理由は他の高級ディーラーと違い、修理費が安価な為です。

他の高級ディーラーは海外のブランドが多く、部品を取り寄せるのにもお金がかかりその修理費を見て「車買えるじゃん」ってなります。

レクサス車は国内メーカーの為、バカみたいな修理金額になることはありません。

 

ただし、維持費を抑えるなら1点守らなければいけない点があります。

それは車検をディーラーで受けないことです。

大手中古車販売店と車検費用と3倍くらい違う値段を突き付けられるので、ディーラー車検はやめておきましょう。

問題が無ければHSであれば、基本料金と法定費用のみで10万円以内には収まると思いますので。

 

今の「HS」の価格を調べる

グーネット
 ※検索条件設定済み

 

高級装備でストレスのない生活を

 

元レンタカー屋
元レンタカー屋

高級車を感じる内装はそれだけでテンションが上がるよね。

 

レクサスHSはお世辞にも外眼が特別良いということはないかもしれません。

しかし、それはレクサス車の中に限定した話で予算100万円に絞れば上位の人気になることは間違いありません。

HSの乗り心地はレクサス車の名に負けない仕上がりになっていて、内装も豪華で同乗者もゆったり乗れます。

 

快適装備でストレスのない走りも出来ますので、今の300万円程度で買える車には負けない仕上がりです。

是非、HSでみんなに喜ばれる快適ドライブを体験してみてくださいね。

 

2つのポイントで劇的に安くなる!元レンタカー屋の中古車購入どうも、元レンタカー屋です! こちらでは実際に私が行った、元レンタカー屋の中古車購入方法をご紹介します。 私が重視する点は、...

 

今の「HS」の価格を調べる

グーネット
 ※検索条件設定済み